水虫治療の決定版

水虫治療は市販薬だけでは効かない場合もあります、万が一重症化してしまった場合にそなえて処方箋が必要な水虫治療薬を通販で購入しましょう。いつどのタイミングで水虫になるかはわかりませんよ?

爪水虫治療に塗り薬は効かない

水虫治療の中でも最も難しいものとされるのが爪水虫の治療です。
爪水虫は水虫の原因となる白癬菌が爪の内部に感染してしまうことによって引き起こされるものであり、爪が白濁したり、弱って欠けるようになったりといったような症状が出てくることになります。
本来の水虫治療においては塗り薬が使用されることも多いのですが、実は爪水虫治療においては塗り薬は非常に効きづらいという特徴があります。
爪水虫は通常の水虫とは異なり爪の中で菌が繁殖し、そして爪というものは通常の皮膚よりも遥かに硬い組織を有しています。
そのため薬剤が爪の奥まで浸透することが難しく、その上爪の表面には油分があるためそれによって薬剤がはじかれてしまうからです。
薬剤を密封することで爪水虫治療を行ったという人もいないわけではないのですが、効果的な治療をするのであれば塗り薬以外の方法で治療をしていくことを考えなくてはなりません。
ではこの爪水虫治療において選ばれる治療としてはどういったものがあるのかというと、基本となるのは飲み薬です。
飲み薬で直接爪水虫を治すのではなく、新しくできてくる爪から白癬菌を追いだすことで、爪を生まれ変わらせるというのがその方法になります。
加えてこの飲み薬による治療では爪のみならず全身の皮膚に対しても効果を期待できるため、全身の水虫に対して強力な対策を打ち立てることができるというメリットもあるのです。
ただその反面、皮膚の生まれ変わり、爪の生まれ変わりにはかなり長い時間がかかるということは忘れてはなりません。
足の爪の場合は治療に半年ほどかかるケースもありますから、根気強く治療を続けていかなくてはならないということには必ず注意をしましょう。

市販での水虫治療は効果があるのか

治りの遅い家庭での水虫治療に悩んでいた時代はとうに終わりました、今は近所のドラッグストアで医療用の外用薬と遜色ないレベルのものが数多く販売されています。
市販薬だから効果的に劣るかと言えばそんなことはありません、決められた回数を毎日きちんと塗っていればほとんどの水虫は完治します、ただし、爪白癬と呼ばれる爪の水虫は外用薬の浸透がほとんど望めないので家庭での治療は難しくなります、爪白癬の治療は皮膚科に頼りましょう。
水虫治療のポイントは根気です、水虫が治りにくいと思われているのは治療期間が長く完治する前に止めてしまうからだと言えます、痒みなどの自覚症状が消え、見た目にも異常がなくなったように見えれば薬を塗るのを止めてしまうというのもありがちですが、治ったようでもまだ潜んでいる場合があるのでしばらくは薬を塗らなくてはなりません。
水虫治療に於ける完治とは原因となる白癬菌の発育と増殖を止め、殺菌し、感染し発症していた角質層が新陳代謝によって剥がれ落ちた時点を以って言います、一見治ったようでもまだ完治しているのではないのだと考え、剥がれ落ちてしまうのにかかるであろう1ヶ月ほどは毎日薬を塗る必要があります。
最近の水虫薬は浸透力と残留性に優れているので1日に1回塗れば充分な効果を発揮します、1日に数回塗るのが普通だった昔とは違い塗り忘れも減って長期間の水虫治療も楽になりました、どの外用薬も1週間ほどで辛い自覚症状は消えて楽になるでしょう。
もし、患部のびらん(赤くただれている状態)が酷いような時や、1週間ほど使用しても改善しないようなら水虫ではない別の疾患の可能性もありますので皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

水虫治療を放っておくことによるリスク

水虫治療を初期のうちにせず、放っておくとリスクはまず自分にかかります。初めのうちはがまんできるかゆみですが、ある日を境にがまんできなくなります。外出先や仕事先で、靴や靴下を脱いだりできないはずの状況でもがまんできず、他の人の目も気にしていられずにかきむしってしまいます。その時に、さすがに何か薬をつけて応急処置しようとしますが、当然その時点で水虫治療の薬を持っていませんから、かゆみを止めようと家にある虫さされの薬を出して付けますが、これが逆効果。まったく効かず、塗ったすぐ後にはまた猛烈なかゆみが始まります。普通のかゆみ止めの薬は、水虫にまったく効かないばかりか、かえって悪化させるようです。こうなる前に適切な水虫治療をしていなくてはなりません。もう一つは、他人にうつることです。学校の部活動で裸足になるもの、例えば剣道部や柔道部に水虫の人間が一人でもいると、あっという間に他の部員にもうつることはよく知られています。うつされた方はあまりその意識がなく、最初放っておいてしまいますが、なにしろ水虫菌はしつこいので、それから長期間水虫治療に時間と労力に費やすということになりかねません。これはもちろん家庭内でも言えることで、家族に水虫菌をうつしてしまいます。なので、とにかく早く治療を始めることです。水虫にはいろいろなタイプがありますが、そもそも水虫のようでいて他の病名なこともあります。自分が果たしてそもそも本当の水虫なのか、まず診断を受けるとよいでしょう。そして、タイプ別に自分にあった薬を塗ります。日常生活でも、水虫治療のためによいことを実践するようにすると効果的です。水虫菌はしつこいので、一見もう治ったようだと思ってもそこで薬をやめるとまたかゆくなります。その後もしばらくの間薬を続けるのが完治させるコツです。
▼水虫の真菌を殺菌
ニゾラール
▼水虫治療ならこの薬!
ケトコナゾール
▼医薬品の通販はこちらから
薬のネット販売はこちら