水虫治療の決定版

水虫治療は市販薬だけでは効かない場合もあります、万が一重症化してしまった場合にそなえて処方箋が必要な水虫治療薬を通販で購入しましょう。いつどのタイミングで水虫になるかはわかりませんよ?

水虫治療にろうそくやイソジンを使うと再発の可能性も

水虫治療に病院に行く暇がない人は民間療法に頼る方法がありますが、完治まで長くかかる場合もあり根気よく続けることが必要になります。

水虫の原因菌である白癬菌を熱で死滅させたいと考えられたのが、ろうそくを用いる方法です。やり方を誤ると火傷をするだけなので、用心して取り組むことが求められます。ろうそくに火をつけて、直接水虫の場所に垂らしたりすると火傷しかしません。85℃程度で溶けたものを筆を利用して患部に塗っていきます。固まったら取り除いてまた塗るようにして、これをしつこいくらいに何日も続けていくことで効果が期待できます。奥まで菌が入り込んでいると中々熱が伝わらないので、長期間ろうそくを使うことになります。

水虫治療にイソジンを用いて治ったと言っている人もいますが、これも根気がいるやり方です。イソジンは殺菌薬であり、抗菌薬ではないため白癬菌にすぐに効くものではないからです。雑菌が繁殖しにくい環境に徐々になり、イソジンの成分のヨードが上手く染み込めば効果が期待できます。

どちらも近くのお店や薬局などで手軽に購入できて、自宅で取り組める方法ですが奥深くまで入った白癬菌が残っていると再発する可能性が高く、病院で内服薬も用いた治療が必要なほど水虫により爪の変色や変形があったり、皮膚がボロボロで痛痒い状態が我慢できないようであれば、病院に行ってきちんとした水虫治療を受けたほうが完治の可能性が高くなり、ダメージも抑えることができます。

水虫治療に時間がかかるとそれだけ、家族に水虫菌をうつしてしまう可能性も高まります。靴下や使用したバスタオルなども別に洗ったり、裸足で部屋や廊下を歩くことも避ける必要が出てきます。