水虫治療の決定版

水虫治療は市販薬だけでは効かない場合もあります、万が一重症化してしまった場合にそなえて処方箋が必要な水虫治療薬を通販で購入しましょう。いつどのタイミングで水虫になるかはわかりませんよ?

水虫治療、爪水虫初期には手薬煉は効くのか

水虫は白癬菌が足などで発生した場合の病名のことです。足に白癬菌が繁殖する条件としては換気性の悪い靴を長時間履いたりした場合に起こるものです。発生する箇所のうちもっとも痒みが現れるのが指と指の間であり、その名の通り水ぶくれを起こします。また足でも踵などでも繁殖し、角質が脆くなってひび割れなどの原因となり、足に発生した水虫の中でもっとも重症とされるのが、爪水虫です。爪水虫は爪の下に白癬菌が入り込むことで発生するもので、爪が白く変色しボロボロになります。痒みなどの症状は少ないものの通常の水虫治療では治らないケースも多いので注意が必要です。
水虫治療では、抗真菌薬を患部に手薬煉することで白癬菌を殺すというものです。手薬煉するといっても患部だけではなく患部の周辺にも塗る必要があり、足全体から白癬菌を駆逐することが水虫治療の目的になります。
一方で水虫治療で難しいのが爪水虫です。爪水虫は手薬煉では治らないことも多く、薬を服用する方法で治すことになります。ただし爪水虫初期の場合では手薬煉による水虫治療も行なわれます。爪水虫の治療が難しい点としては、爪の下に白癬菌がいるため、薬が浸透しないということです。しかし、まったく浸透しないわけではなく爪水虫初期のように白癬菌の数が少ない間は効果が期待できます。ただし爪水虫初期状態から重症化すると薬を服用するしか効果がありません。またもっとも重症化した場合には一度、爪を剥がしてしまう治療法も行なわれます。治療法としては外科的処置になりますが、これにより、一気に白癬菌を駆逐することができるメリットがあり、また短期間で爪水虫を治すことが可能です。ただし少しでも白癬菌が残っている場合には再び再発する恐れがあります。